FC2ブログ
読まないと損をする??? キャクタス情報満載です

掃除

私の知り合いでアパレルを経営している人がいます。

今日は、その人の話を紹介させていただきます。


その人は、アメ村にある知り合いの服屋でアルバイトをしたのち、独立しました。

独立して出した店舗は、お世辞にも立地条件が良いとは言えず、経営状況は厳しいものでした。

内装は業者に頼まず、すべて自分で手掛けました。

服を触っている時間よりも、ドリルを持っていた時間のほうが長かったそうです。


アパレルだけでは生活できないので、コンビニで週に2日は夜勤、週に3日は朝勤でアルバイトをし、生計を立てていました。

彼には、息子と娘がいるのですが、息子が小学生になるまでにアパレルだけで生活することを目標にしていました。

息子の友達が店に来た時に、「お前のお父さんコンビニでアルバイトしてるん?」って言わせたくないから、小学生になるまでになんとか経営状態を良くしようと努力しました。

あまりお客様が来ない店でいろいろなことを勉強したり、経営者向きのセミナーに参加したり、毎日のように経営について考えていました。


ある日、あることを始めました。

それは、

“2時間早く出勤する”

ということです。


2時間早く出勤して、丁寧に丁寧に2時間かけてお店の掃除を始めました。

営業開始時間は11:00からなのですが、2時間前に出勤し、毎日毎日掃除しました。

トイレの掃除は、四つん這いになって、雑巾で丁寧に掃除しました。

もちろんトイレの床もね。


毎日毎日掃除していると、ある変化が現れました。

掃除していると、色んなアイデアが浮かんできました。

「あれしてみよ」

「これはこうしたほうがいいな」

とか。


どんどんアイデアが浮かび、それを一つ一つ確実に実行していきました。


現在、息子はまだ小学生になっていませんが、コンビニは卒業し、アパレルだけで生活しています。


掃除は心の掃除です。

心にたまったほこりを掃除させてもらえたら、日々、きれいな心で通らせていただけるのではないでしょうか。

心の掃除をさせていただきましょう。



書き込みう者:北條
2011-03-06 : 未分類 : コメント : 1 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
掃除をしたということのほかに、2時間早く出てきて

「続けた」ということが成功したのではないでしょうか?

「習慣」になったということです。

いつのまにかやるべきことを「やらなくなった」という人が多すぎです。

「良い習慣」どころか最低限のことも続けられないひとの

未来は見えています。いい未来になるように自分が心がけましょうね。
2011-03-07 00:52 : まつなが URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

マンドラゴラ時計。

プロフィール

cactus

Author:cactus
キャクタスblogへようこそ☆
日々の出来事、お知らせ、情報etcキャクタスの仲間と共に共有するツールです

月別アーカイブ

QRコード

QRコード