fc2ブログ
読まないと損をする??? キャクタス情報満載です

テトは家から離れて

テトはベトナム人にとって最も重要な祝日です。 家族と再会し、親戚を訪問し、平和と繁栄を祈る機会です。 しかし、誰もがテトを祝うために家に帰る機会があるわけではありません。 日本で働く多くのベトナム人は、故郷や祖国を離れてテトを祝わなければなりません。

私もその一人でした。 私は日本で5年間勉強し、働いてきました。 私はこの国が大好きですが、祖国を忘れることはできません。 テトの日、家でみんなで掃除をしたり、金柑の木や桃の花を飾ったり、五つの果物の入った盆を並べたり、バインチュンやバインテットを作ったりしたことを思い出します。 テトの日、家でみんなで一緒にお寺に行ったり、花火を見たり、花火をしたり、かにひょうたんをしたり、トランプをしたりしたことを思い出します。 家でみんなで食事をし、ワインを飲み、話し、笑い、新年の挨拶を交わしたテトの日を思い出します。

日本にも、お正月、節分、ひな祭り、お花見、七夕、お盆、七五三、正月などの特別な祝日があることは知っています...私もお祭りに参加するのが好きです。日本人の文化、歴史、信仰。 ここには友人、同僚、近所の人もいます。彼らはとても親切でフレンドリーで、私を大いにサポートしてくれます。 ここでの仕事、勉強、生活においても喜び、成功、進歩を感じています。

しかし、テトが来ると、やはり悲しい気持ちになります。 今でもホームシックを感じています。 私はまだ孤独を感じています。 まだ魂の一部が欠けているような気がします。 私は今でも、いつか故郷に帰って、家族、親戚、そして故郷と一緒にテトを祝えることを願っています。

書き込み:ズオン
2024-01-16 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

マンドラゴラ時計。

プロフィール

cactus

Author:cactus
キャクタスblogへようこそ☆
日々の出来事、お知らせ、情報etcキャクタスの仲間と共に共有するツールです

月別アーカイブ

QRコード

QRコード