FC2ブログ
読まないと損をする??? キャクタス情報満載です

僕には君がいる

ちょっと落ち着いたので…。
12月5日に祖母が亡くなりました。
十年前に祖父が亡くなった時には『あんだけかわいがってくれたのに何も返してない!』って後悔とお通夜で寂しさで気が抜けた表情になった祖母の顔を見てお通夜も葬式も泣きっぱなしでした。
その時は祖母の横にせめてずっといようとすることしかできませんでした。
そのあとから父の日母の日、土用の丑の日のうなぎと冬にカニを贈るのが定番になって今いる家族を大切にしようってなりました。
最後のほうはボケボケでなんもわかってないような状態の中でも『陽平は?』って聞いてたみたいです。
いつまでもいつまでも可愛がられました。
葬儀の入り口に飾られた写真の中には笑顔で肩を組んだ祖父と祖母。
祖父の初盆の時に撮った自分と祖母の写真がありました。大事に取ってくれてたみたいです。
今回はまあ、会うことはほとんどできてなかったけど色々贈ったしちょっと前にも贈った神戸牛のすき焼きおいしいって食べてたみたいです。
『いつも笑顔でいなさい、人に感謝しなさい、前向きな言葉を使いなさい』
どんなビジネス書籍でもみんな同じこと書いててそれが生きてく上で大事やとは分かってても自分で実践するのが難しく。
でも葬式の最中に『ああ、ばあちゃんみたいになればええんか』って最後の最後まで教えられました。
遺言みたいなもので『泣くな』って言ってたみないなんでできるだけ賑やかに。泣かんとこってやってたけどやっぱりオトンが火葬のボタン押して一番前のど真ん中で見送ってたら叔母が腕に縋り付いてきて一緒にボロボロその時だけは涙が(笑)
そして毎回オトンはボタン押すのが早い(笑)
相変わらず人を見送るのは毎回パワーいるけどそのたびにものすごく大切な気づきをくれる気がします。

今回の人事で育成のほうに回ることになりましたが苦しんでいる人に手を差し伸べることはずっとやりたかったこと。
本を読み続けて葬式の合間も読んでた永松茂久さんも母を亡くした時の遺言で日本一のコーチングを目指したと
宣言されています。
家族を亡くすということから大事なものを教えてもらったのは自分も同じなのでいつまでも憧れてばかりではいられません。

最強組織を作り上げていくために最強のコーチング作り上げていきます!

~燃え上がるモチベーション~
ワクワクするビジョン
鮮明なゴールイメージ
意思決定への参画
達成感の反復

主役はいつでもクルーのみんなですがその真ん中で泣いたり笑ったり怒ったり。
必死で苦しみながらももがいてるのは店長です。
いい店作りの背中を押してあげられる存在になれたらと思います。

書き込み 濱田
2016-12-26 : 未分類 : コメント : 1 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
身近な人から接し方を学んだようですね。
人がどう思っているのか?意識することは大切です。
人と関わらないと生きていけない世の中で
「自分本位」でわかってくれるはず・・では全然だめです。
自分は周りの人間に「どのように思われていますか?」
考えて周りの人間と接してください。

おばあさまのご冥福をお祈りします。
2016-12-26 14:18 : matsunaga URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

マンドラゴラ時計。

プロフィール

cactus

Author:cactus
キャクタスblogへようこそ☆
日々の出来事、お知らせ、情報etcキャクタスの仲間と共に共有するツールです

月別アーカイブ

QRコード

QRコード