fc2ブログ
読まないと損をする??? キャクタス情報満載です

会う回数が多いほど好きになる

人は接触の回数に比例して、好意も増す。

信頼を得るためには、「会う回数」が大事ということになる。

30分を1回会った人よりも、1分を30回会った人のほうが、

トータルではより相手を信頼できる。

好悪の判断は、最初の0.5秒なのだから、その瞬間が多いほうが安心できる。

つまり、好悪の判断をする、0.5秒を30回繰り返したほうがよい。

加えて、30回も会っていれば、お互いのいろんな条件での姿を見せあっている。

その人の良いときと悪いときを総合的に見て、“人柄”を判断することができる。

最近は、メールが仕事の中の比重を大きく占める。

メールの回数も信頼感を増す要因ではある。だがメールは言語情報にすぎない。

実際に会えば、お互いの表情まで読める。

メール文化である現代ですが、少しでも会う回数を増やしてみては如何でしょうか??? 
2009-10-18 : 未分類 : コメント : 2 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

コンビニの接客も短い人で何十秒、長い人でも数分の接客の積み重ねですよね

だからこそ常連さんはお店を信頼してきてもらえるんでしょう

短い時間の中でも最高のサービスを
2009-10-21 01:41 : URL : 編集
確かそうですよね

メールのように文字だけやと表情や感情がわからず、冷たく感じますよね…
私はプライベートで親友に話し聞いてもらいたい時はメールじゃなく、電話をします。そっちの方がリアルで気持ちが伝わるし私みたく言葉足らずにはもってこいだからです
仕事ではクルーには捕らえ間違えて誤解されたくない時は電話するようにしてますが、担当チーフには普通にしますが、他の店長や社員には全くしていないです…

特にこの会社は、みんな個店で働いているからこそ、必要なことですよね

みんなで一度考えたいです
2009-10-18 22:28 : ばんちょー URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

マンドラゴラ時計。

プロフィール

cactus

Author:cactus
キャクタスblogへようこそ☆
日々の出来事、お知らせ、情報etcキャクタスの仲間と共に共有するツールです

月別アーカイブ

QRコード

QRコード