fc2ブログ
読まないと損をする??? キャクタス情報満載です

おもてなしの精神

私は接客が好きです。

Cactusに入社したのもそれがきっかけでした。

前の仕事を辞めてから次の仕事をどうしようかずっと考えてて、

昔バイトでやってたコンビニでの仕事が楽しかったことを思い出して、

お店の経営に携わる仕事が自分には合ってるんじゃないかと思ったことがきっかけでした。

なのでこと接客に関しては自分にも他人にも厳しい目線で見てしまいます。

どうすればお客様に喜んでもらえるかな、自分がお客様の立場やったらどうだろう、

常にそんなことを考えながら売場に立っています。

自分の担当店でももちろん細かい指導をするのですが、

仕事以外でも買い物に行ったり、食事にいったりしたときの接客もとても気になります。

たとえば家の近くにあるローソン(他オーナー)にはよくいきますが、

レジで『ポイントカードをお持ちですか?』と聞かれることはほとんどありません。

お客様として『買い物をしてポイントを付けてもらう」という当然のサービスすら受けられないというのは

おもてなしの精神とかそういうの以前の話だと思います。。。

そんな感じで自分でも言うのもなんですが、仕事でも仕事以外でもかなり厳しい目で見てしまうので、

あまり満足の行く接客をしてくれる人、お店にはなかなか出会えません。

が、先日とても気持ちの良い接客をしてくれる人に出会いました。

家の近くにある、チェーン店のセルフ式のうどん屋さんに家族で食事に行ったのですが、

注文、支払いを終わらせて、(セルフなので)お盆をテーブルに運ぼうとしたとき、

私が子供を抱いてるのに気付いた店員さんが、さっとやってきて、

「お客様、テーブルまでお運びしますね!」と

笑顔で迅速に対応してくれました。とても好感が持て、私も妻も素直に「ありがとう」と言葉が出ました。

おそらく私がその店員さんの立場でも同じことをするとは思うので、そう考えると普通の行動なのですが、

この普通の対応こそが「お客様に喜んでいただく」という精神だと思うのです。

その店員さんは明らかに誰に言われるでもなく自分の判断でさっとやってきて対応してくれました。

「そんなんふつうやん」と思われる方がキャクタスの従業員にはたくさんいると思いますが、

自社でも他社でもその普通の対応が出来ない人が増えてきているんじゃないかと私は思います。

今働いてる方も、これから新たに働かれる方も、一度、接客の原点に立ち戻ってもらえればと思います。

私はそのうどん店にはまた行こうと思いました。

書き込み者:井坂

明日のブログは山田さんよろしくお願いします!
2014-08-07 : 未分類 : コメント : 1 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
素晴らしい店員さん。
おもてなしの心です。
簡単なことなんですね。
人として「喜んでいただける」ことを
すればいいだけなんですよ接客なんて。

先日、会社のイベントでバーベキューをしましたよね。
私は準備の段階から厳しい目で観察させてもらってます(笑)
誰が皆を楽しませるために動いてくれてるのか?
それが「人を想うサービス」です。おもてなしの心です。
遊びの時こそが人間性の真理が見れます。
それができない人は人の心はつかめません。
リーダーにはなれません。
2014-08-09 09:20 : まつなが URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

マンドラゴラ時計。

プロフィール

cactus

Author:cactus
キャクタスblogへようこそ☆
日々の出来事、お知らせ、情報etcキャクタスの仲間と共に共有するツールです

月別アーカイブ

QRコード

QRコード