fc2ブログ
読まないと損をする??? キャクタス情報満載です

心の壁の壊し方

大好きな陽なた家の永松茂久さんの新刊の題名からです。

『できる』
『できない』

誰が決めるのでしょうか?

自分自身の何物でもありません。
ただ、人はそう決めつける時に過去の体験や周りの環境から考え方が
凝り固まってきます。

無理かも、駄目だ、やっぱりやめよう。
一度はこうなりたいと憧れて目指したけど
自分には成功体験が薄く、『無理だよ』って周囲の心ない言葉に打ちのめされて
自分の殻にこもる。

でもできる、できないは人の心ひとつでどうにでもなります。

できないと決めつけているのは自分自身なのですから。

永松さんのふたつ前の書籍は飲食部門の人たちが自分たちの手ですべて作り上げました。
ひとつの本ができあがるまでに
原稿はもちろんですが表紙のデザインであったり、本文の構成、
印刷、さらにはその本は図解版だったので中身のイラストであったりと
各種専門業者さんとの委託・連携があります。

でも、彼らはそれを知らなかった。
知らないからこそ自分たちだけで作り上げてしまった。
すごいですよね?書籍を自分たちだけで作り上げてしまう飲食店(笑)

自分たちの仕事でも同じです。
なぜ新人さんたちがポイントカード獲れてベテランになると留まってくるのでしょうか?
新人さんたちは知らないんですよね?
あんまり一日では獲れない。今店舗累計で2,3千件越えてきてるから近隣の人は
ほとんど持っている。そんな決めつけがないんです。

上新庄でも学さんが会議で発表してました。
5月度ポイントカードイベントで上新庄月で1000件獲得します。

長く店長してる自分からしたら
いやいや、自分が上新庄店長やった時で200が最大やったよ…
また遊んでるわ…
そんな風に思ってましたが
結果は個人獲得数で上新庄の丸田さん、白石さんが1,2位をダントツで獲得していました。
知らないからこそ今まで誰も予想でもできなかったことが実現化可能になる。

自分自身にも体験があります。
中学で100Mを12秒切るのは無理じゃないかって思いながらやっていました。
でも、隣のやつにはまけたくないなって思いながらやってると
ある時異常に早い選手の隣になりました。
100M走なのに自分との差が5M近く離れて
『なんじゃこいつは???!』と必死にくらいついてゴールすると
不可能だったはずの12秒の壁を超えていました。
ちなみに一位だった彼はその後高校が一緒になり国体選手の常連となりました。

自分には12秒超える身体能力はあったんですよね。
そこにあったのは無理だと思う『心の壁』でした。

心の壁を壊す為に大切なこと。
プラスな影響を受ける
言葉で環境を変える
仲間を作る

過去の体験に捉われず誰も想像できないすごい自分、かっこいい自分に
まずは自分自身が憧れましょう!

できない理由はなんですか?
やる気がない?
やり方が分からない?
やる時間がない?
やるツールがない?
継続力がない?

できない理由を打ち崩すのは自分自身の心です。
カッコいい生き方しましょう!

書き込み 濱田
2013-08-28 : 未分類 : コメント : 1 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
11秒台?!そんな早かったん?
ホントかよ!今度競争だ
2013-08-29 13:33 : まつなが URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

マンドラゴラ時計。

プロフィール

cactus

Author:cactus
キャクタスblogへようこそ☆
日々の出来事、お知らせ、情報etcキャクタスの仲間と共に共有するツールです

月別アーカイブ

QRコード

QRコード